09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

行雲流水

福島県の美しい風景を届けたいと思っています。裏磐梯の四季、いわきの海、福島県内の桜、紅葉、新緑、雪景色、星空、山、川、滝、湖、花。

塩屋の岬 

4時起きでいわき行って来ました。

約1時間40分車を走らせて向かった先は美空ひばりの『みだれ髪』の舞台となった塩屋の岬

塩屋埼灯台
ここに着いた時は真っ暗で写っている木の杭が、えっ!ペンギン?そんなわけが無い、鳥?近くに行っても動かない

近づいて初めて分った(^_^;・・・でもこんな所になぜ・・・?


薄磯海水浴
Nikon D90

『みだれ髪』(昭和62年)

髪のみだれに 手をやれば
赤い蹴出しが 風に舞う
憎くや 恋しや 塩屋の岬
投げて届かぬ 想いの糸が
胸にからんで 涙をしぼる

すてたお方の しあわせを
祈る女の 性(さが)かなし
辛や 重たや わが恋ながら
沖の瀬をゆく 底引き網の
舟にのせたい この片情け

春は二重に 巻いた帯
三重に巻いても 余る秋
暗や 涯てなや 塩屋の岬
見えぬ心を 照らしておくれ
ひとりぼっちに しないでおくれ

作詞: 星野哲郎
作曲: 船村 徹
唄 : 美空ひばり
関連記事



ランキングに参加しています「ぽちっ」とお願いします。

#Photo by horikoshi | 2010/01/26 (火)  16:33 | コメント: 6 | トラックバック: 0編集

PAGE TOP

この記事に対するコメント

へぇ〜〜(〃∀〃;) 塩屋崎の朝景って、こんな感じなんですね♪ こりゃあ夜明け前に、ロングで撮ってみたいなぁ〜(^^)

で、この杭は?? もしかして「ナントカ・サークル」?? 天上に妙な発光体はいませんでしたか?(爆)

無芸大食 # | URL | 2010/01/26 19:22 * 編集 *

無芸大食さん。

そうですねもっと早い時間に雲がなければ星空と灯台なんか面白そうですね。

発光体は灯台だけでした(笑)

maru # | URL | 2010/01/26 21:45 * 編集 *

おー幽玄ですねー
木杭が不思議な空間を作ってますねー
しかし、maruさんも相当好きですねー^^
こんな早朝から!!なんだか嬉しくなります!!

code name N # | URL | 2010/01/27 00:12 * 編集 *

code name Nさん。


ハハハ(^_^;
大体いつも朝早く出発して撮る事が多いですね〜。

風景写真撮る人ならわかってくれるけど、そうでない人から見たら変人扱いです(笑)

maru # | URL | 2010/01/27 00:34 * 編集 *

ここよいですねー!
素敵な朝焼けが見たいっ!

木の杭も効果的ですね〜(*´ー`)

realgraphica # | URL | 2010/01/27 01:11 * 編集 *

realgraphicaさん。

木の杭がとアクセントとなったのであってよかったと思います。

maru # | URL | 2010/01/27 08:26 * 編集 *

PAGE TOP

コメントの投稿
Secret

PAGE TOP

トラックバック
トラックバックURL
→http://maru67.blog93.fc2.com/tb.php/120-188425e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP